スクールカウンセラーの仕事をしている方、これからスクールカウンセラーを目指そうとしている方、学校現場や教育を支える仕事に従事している方にとって、そしてユーザーである児童生徒やその保護者の方にとって、「スクールカウンセラーの仕事」って!何なのでしょうか?

 

「とりあえずスクールカウンセラーでも・・・」「スクールカウンセラーは非常勤で身分保障の点で長続きできるかな?」「病院臨床ができれば、簡単な仕事だから・・・」「一人職場で自分に務まるかな・・・?」

「結婚して産休などは取れるのかな?」「心理の専門家として担任が困った児童生徒への助言がほしい・・・。」「どんなことを相談したらいいのかな?」「男性のカウンセラーだと娘が話しにくいと言っているんですが・・・。」

などなど、スクールカウンセラー側の声やスクールカウンセラーと一緒に仕事をする教員の声、そして児童生徒やその保護者の声などなど、スクールカウンセラーという存在に対して、いろいろな声が聞こえてきそうです。

 

確かにスクールカウンセラーは年齢や経験に関係なく採用される仕事で、非常勤の仕事です。身分保障の面ではお勧めしたい職業ではないかもしれません。おまけに一人職場で年間35回くらいの勤務で何ができるのかと考えてしまうのも無理ありません。

でも、そのように課題があるからこそ、その職業的専門性を確立して、スクールカウンセラー自身が自分たちの仕事を守ることが必要になってきます。私どもKSCAではスクールカウンセラーの存在に対して寄せられる、さまざまな声に耳を傾け、その課題に取り組み、研修機会などを通してスクールカウンセラーの資質の向上と職業的安定を図ることを目指しております。

スクールカウンセラーの仕事と、学校やそこに集う児童生徒・保護者・教職員の将来を明るくするために、多くの現職のスクールカウンセラーの皆様、これからスクールカウンセラーを目指そうとされている皆様、学校現場でスクールカウンセラーと協働している皆様、学校教育を支える仕事に従事されている皆様のお力を借りて、一緒に活動をしていただけることを心よりお待ちしております。

 

入会手続きのご案内

・会員には、正会員と賛助会員があります。
正会員は
  • ①スクールカウンセラー(現任者、過去経験のある者、これから従事したいと考えている者)
  • ②教育関係者(教員、教育関係機関、教育相談機関などの現任者。過去経験がある者。)
  • ③そのほか教育問題に関心のある者。
賛助会員は法人の運営に賛同し、活動を支援するために入会した個人及び団体。
・手続きは、NPO法人神奈川県スクールカウンセラー協会のホームページ上から入会申込書をダウンロードするか、事務局あてに入会申込書用紙を請求して、必要事項を記入の上協会の事務局あてに郵送して頂きます。定期的に開催される理事会において入会を審査し、承認された場合に入会金と年会費を振り込んでいただきます。
  • 入会金 正会員は1,000円、賛助会員は入会金不要
  • 正会員年会費 年額 4,000円(但し、インターネット接続状況でない場合は郵送会員となり、年額は5,500円となります。)
  • 賛助会員年会費 年額4,000円一口以上
・正会員、賛助会員ともに協会の各研修の場に会員参加費で参加出来、議決を伴う総会で議決権を行使することが出来ます。また、NPO法人神奈川県スクールカウンセラー協会のホームページ内の会員専用ページの閲覧ができます。(郵送会員には会員ページの内容をお送りします。)
 

 

各種申込書ダウンロード

top